闇金相談をする前の心得と、必要書類や費用について

闇金から悪質な取り立てや嫌がらせを受けている方の多くは、一刻も早く辛い現状から解放されたい!と感じられているはずです。
しかしながら、闇金の天敵とも言える法律の専門家である弁護士や司法書士も、依頼者が置かれた立場や状況を正しく理解できないままでは、迅速に的確な対応を行うことができません。

 

そこで、今回は司法書士や弁護士に闇金相談をする前の心得や注意点、必要となる書類などについてご説明したいと思います。

 

闇金相談をする前の心得

両こぶしを握りしめる男性

闇金からの借入に対する返済が滞り、様々な嫌がらせや恫喝を受ける。
これは心身共に非常に強いダメージを与えられる、大変辛い出来事です。

 

この闇金の悪質な取り立てや嫌がらせに対する対策を行うということは、以降の返済や一切の接触を断固として拒否するという、闇金に対する強い意思表示に他なりません。
弁護士や司法書士に相談をする場合は、この点をしっかりと認識し、闇金に戦いを挑むことになるという覚悟をすることが重要となります。

 

弁護士や司法書士は、闇金被害を受ける依頼人のため、迅速かつ的確な手段を取れるよう動きます。
しかし、依頼者本人の意思が定まらず態度も煮え切らない状態にあると、相談を受けた側が有利な条件で交渉をする情報が得られなかったり、取るべき手段がとれなくなったりといった問題を抱えることになります。

 

闇金対応を依頼する場合は、依頼を受けてくれた担当者が後顧の憂いなく動けるよう、闇金と対決する覚悟を固め、必要となる情報や状況説明を行えるよう事前に備えておくよう心がけましょう。

 

闇金相談に必要となる書類や費用

テープレコーダー

債務整理と異なり、闇金相談で必要となる書類には、規定のものは存在しません。
しかし、相談をスムーズに行うためにも、下記のものを持参することをおすすめします。

闇金業者との間で取り交わした契約書
嫌がらせや取り立ての記録
  • 嫌がらせや取り立ての様子を書き残したノート
  • 脅迫電話や恫喝の録音テープ
  • 家屋や物品破損の写真など

 

闇金対策依頼後に必要となる書類や費用に関しては、相談先の事務所や担当者によって千差万別ですので、相談時にしっかりと確認しておきましょう。

 

参考までに、闇金対応に必要となる費用の相場は1件あたりにつき「5万円」程度とされており、事務所によっては後払いや分割にも対応している場合があります。

 

まとめ

闇金に相談する前の心構えや注意点、必要となる書類についてご紹介いたしました。
闇金も怖いけど、一歩踏み出すのも怖い。
それは誰にでもある感情だと思います。
ですが、そこから目を背けていたら、いつまで経っても解決できず、悪化の一途をたどるだけです。

 

しっかりと覚悟を決めて、弁護士や司法書士がすぐに動いて解決できるように、自分で出来る事はすべてやっておきましょう。